11月も後半になってきました。最近の報道では、インフルエンザの
流行も始まったようです。

そこで、昨日11月22日に、近所の病院で、インフルエンザの
予防接種を受けました。

インフルエンザの予防接種は、健康保険が効きません。
実費がとられます。
医療機関により多少の差はあると思いますが、3000円から
4000円くらいでしょう。私は、3500円でした。

窓口で申し込んで、申込書にサインをして、印鑑を押す必要が
ありますので、印鑑持参されたら良いでしょう。
ない場合は、拇印でもよいようです。

申込書と書きましたが、正式には、誓約書のようです。
内容は大まかに言うと、インフルエンザの予防接種をして
それが原因で、何かあっても責任は負えませんという内容を
了承した人だけ、予防接種をしてくれるみたいです。

何か人質に取られてという感じです。

インフルエンザは、毎年11月に入ったころから流行がはじまり
翌年の1月末から、2月上旬の頃に流行のピークになります。
12月からは、急激に流行が始まりますので注意が必要です。

インフルエンザの予防接種は、接種後2週間程度で、
効果が出てきて、5か月くらい効果が持続するそうです。

したがって、私の場合は、4月頃まで効果が持ちそうです。

また、流行の仕方にもよりますが、11月中には遅くとも
摂取を終えたいですね。

もうひとつ、インフルエンザの予防接種をしたからといっても、
絶対にインフルエンザにかからないという保証はないようです。
でも、かかっても重症化しにくいとのことです。

インフルエンザの予防接種をしても、手洗いやうがいは
欠かさずに実施しましょう。
[PR]
# by studiorime | 2014-11-23 23:14 | ヘルスケア

女性ホルモンの役割

女性ホルモンは、女性の為に、肌を若く頼むとともに、

子孫を残すための子供の受精の準備や、骨訴訟症の予防

髪を若くボリューム感を持たせることや、白髪の防止、

にとても関係しています。

中でも、子孫を残すための子宮内の卵子の生育や女性を

より、女性らしく保つためにもとても大切な役割を持っており

肌や髪、生理などのコントロールは、すべて、この女性ホルモンが

担っているいってよいでしょう。


ところが、更年期といわれる時期になると、女性ホルモンを

分泌していた卵巣の働きが低下してきて、起こる生理不順や

さまざまな体調の不調は、この女性ホルモンが原因であると

いっても過言ではないでしょう。


次回は、この更年期の女性ホルモンの低下の課題を

克服するための知識について説明いたします。
[PR]
# by studiorime | 2014-10-27 23:58 | 更年期

乳酸菌革命

乳酸菌革命という商品が発売され、

とても好調な売れ行きをしているようです。


乳酸菌のサプリメントで、腸内環境を酸性に保つと同時に

私たちの、腸内にいる善玉菌を増やして、便秘や下痢といった

悪玉菌による、腸の不調を緩和します。


乳酸菌革命という商品の正式名称は、

乳酸菌生産物質粉末加工食品という名前であり

お薬ではありません。

健康食品の部類に入ります。


乳酸菌革命は、そのなかにオリゴ糖などが入っているために

便秘などの症状を緩和する効果があるようです。


人間の腸内には、百兆個もの腸内細菌がいるといわれており

その多くが、日和見菌といわれる、周りの環境に応じて

善玉菌にも悪玉菌にもなる、細菌である。

乳酸菌革命は、この腸内の、善玉菌を増やし、

同時に、日和見菌も善玉菌に変えるような働きがあると

思います。

しつこい便秘は、難しいかもしれませんが

軽い便秘には、ヨーグルトとの併用で、効果があります。


私は、実際に乳酸菌革命で治りました。
[PR]
# by studiorime | 2014-09-24 22:45 | 乳酸菌
夏になると冷房の効いたオフィスでは、体調を壊す人が多く出る傾向にあります。
なかでも、多い症状としては、手足の冷え、のどの痛み、頭痛や下痢、全身のだるさや疲労感、疲れやすい、食欲不振、肩こり、腰痛などがその代表例です。
女性では、生理不順や生理痛が悪化することも時々見受けられます。

これらのことを総称して、一般的には、冷房病と言われることが多いですが、現代医学にはこのような病名は存在しないことも事実です。
また、最近では、女性も多く発症しますが、男性にも多く見受けられる症状のひとつです。

このような冷房病を防ぐには、真夏でもみだりに涼しさを求めずに、扇風機やエアコンの風が直接当たらないようにして、音頭設定も低すぎないようにすることが重要です。
また、ひざ掛けなどを有効に使って冷えすぎを予防しましょう。

運動は、軽いジョギングやランニング、散歩やラジオ体操でもOK。
あまり激しい運動は避けて、汗をかきすぎないことも必要です

冷たいものをとりすぎないことや、外気温と室内の温度差に気を配ることも必要な処置です。
[PR]
# by studiorime | 2014-08-19 15:57 | 健康雑学
梅雨が明けて、連日30℃を超す真夏日が続いていますが

特に、最近では、熱中症で救急搬送される人が

急増している模様です。


特に明日から、今週末にかけては、とても暖かな暖気が

日本上空を覆うために、35℃以上の猛暑日も、予想されています。


熱中症は、日中に多いのはもちろんのこと、夜のほうが

注意が必要です。

夜は、外気温が下がっても、日中の暑さや熱を外壁などが

蓄えるために、その熱が夜になると部屋に中に放出されて

夜になっても、室温が下がらないというか、

逆に、エアコンを停止した途端に、部屋の温度が

上がり始めるということに陥りそうです。


そのエアコンですが、タイマー機能を使って、止まった時間に

熟睡していると、熱中症になるリスクが高まります。

また、室温はもちろんのことですが、気温よりも

湿度の影響が大きい場合もありますので、湿度が高いときも

熱中症のリスクをあなどれませんね。


電気代が上昇して、節電に取り組んでいる人も多いと思いますが

エアコン代を節約したために、熱中症にかかるといったことが

ないように、エアコンを有効に使って、この夏を乗り切りましょう。


本日は、24節気の、大暑。

暑さの本番はこれからです。
[PR]
# by studiorime | 2014-07-23 23:18 | 健康雑学

乳酸菌のパワー

人間の腸の中には、多くの細菌がいる。人間にとって腸内環境を良くして、健康生活を送れるようにしてくれる細菌を大きなくくりとして、善玉菌と呼んでいる。この反対に、悪いほうに働くのを、悪玉菌と呼んでいる。

この悪玉菌と、善玉菌はそれぞれ腸内の細菌の約10%ずつを占めるといわれている。残りの約80%は、中立的な細菌といわれていますが、腸の中に悪玉菌が増えてくると、この中立の細菌の中の一部が、悪玉菌に変化していくそうです。そうなると、ますます悪玉菌が腸内に増えて、腸内環境が悪化していきます。
この腸内環境が悪化していくと、腸内の毛細血管から毒素や老廃物が吸収されて、その影響を受けて、肌荒れなどのお肌のトラブルの原因となります。

そうすると、腸内に善玉菌を増やす方法が良いということになりますが、その善玉菌を増やす方法として一番手軽なことは、乳酸菌を摂取することです。乳酸菌を含んだ食品を食べてもよいでしょうし、乳酸菌が入った飲料を飲んでもよいでしょう。乳酸菌が入った食品でおススメなのが、ヨーグルトです。
ヨーグルトは、動物性の乳酸菌が入っていますが、腸まで届いて、腸内の善玉菌を増やし、腸内環境を良くしてくれます。乳酸菌にはこのほかにも、胃がんや大腸がんの予防から、口臭予防などのチカラがあります。乳酸菌は、すごいですね。
[PR]
# by studiorime | 2014-07-04 22:35 | 乳酸菌

乳酸菌飲料

乳酸菌飲料といえば、ブルガリアヨーグルト。
ブルガリアヨーグルト関連の商品といえば
明治ブルガリアヨーグルトという商品。
スーパーなどで、よく見かけるメジャーな商品である。

私は、じつは、この明治ブルガリアヨーグルトを
そのまま食べることはできない。
酸味が強く、腐敗感が強く懸念され(私の勝手な思い込みであるが)
食べることができないのである。

明治ブルガリアヨーグルトは、ブルガリア菌2038株と
サーモフィラス菌1131株を組み合わせた乳酸菌飲料である。
1個の内容量は、450g。
その中には、ブルガリア菌2038株が、10億個以上。
サーモフィラス菌1131株にいたっては、100億個以上も
含まれている特定保健用食品に認定されている。
明治ブルガリアヨーグルトは、おなかの調子を良くしてくれる
効果がある。

私は、このヨーグルトを食べれないので、別のヨーグルトを
食べている。
商品名は、雪印ヨーグルト「恵」で、中に果物の果実が
入っているものである。
イチゴや、ブルーベリーなどが入っているので
あまり酸っぱくなく、食べやすいので、この商品で
整腸作用を補助している。
このヨーグルトを食べると、便秘の解消につながるので
これからも続けたい。
[PR]
# by studiorime | 2014-06-12 22:27 | 乳酸菌
物忘れは、加齢とともに進んでいくのは仕方がないことだろうか。人間の脳には、記憶する場と、その記憶を思い出す場(前頭野)があり、その間を結んでいる神経系統が衰えてくるのが、いわゆる物忘れである。
人間の脳には、その働きを維持するために必要な5つの栄養成分がある。

1.核酸
 ・細胞の分裂や増殖をつかさどる物質で、この核酸は、サケやニシンの白子には成熟したDNA(デオキシリポ核酸)だけでなく、プロタミンという有効成分も含まれる。またDNAとともに、RNA(リボ核酸)も合わせて摂取することが必要である。

2.DHA
 ・青魚に多く含まれるオメガ3系不飽和脂肪酸のひとつで、イギリスのマイケルクロフォード博士の原動力という著書の中で紹介されて一躍有名になった栄養成分である。

3.EPA
 ・こちらも青魚に多く含まれる体内で合成することのできない必須脂肪酸の1種で、DHAとお互いに補て働くといわれている。その為に、同時に摂取することが必要である。
[PR]
# by studiorime | 2014-05-13 22:46 | 健康雑学

幻のオリーブオイル

幻のオリーブオイルがあるという。生産量に限りがあるために
数か月で売り切れてしまい、その香り、味わい、まさに新鮮果汁という
オリーブオイルであるが、この時期に発売されるという。

そのオリーブオイルの名前は、小豆島でオリーブ農家を営む
井上誠耕園が販売する、緑果オリーブオイルという商品である。
この希少な、緑色をしたオリーブオイルであるが、食べたら
皆が驚く絶品のおいしさだという。

スプーン一杯、注いでみるとそこには、澄み通った緑色がかった
オイルからは、若草のような香りが立ち上がって、口に含んでみると
すごくまろやか、オイルというよりも、むしろ、オリーブの
新鮮果汁1005といったところである。そして喉を通るときに
一瞬ピリッとした辛みがするが、この正体はポリフェノール。
新鮮だからこそポリフェノールがたっぷりと含まれている。
ふくよかな味わいと、美味しい辛み、健康成分もたっぷりという
三拍子五拍子揃ったオリーブオイルである。

お買い求めは、井上誠耕園の緑果オリーブオイルである。
[PR]
# by studiorime | 2014-04-14 22:51 | 通販商品紹介
今年は、インフルエンザの流行が、例年よりも長く続いて
そのピークを過ぎても流行が収まらないという特徴がある。

例年だと、1月末から2月初めにかけてピークが来て
桜の花の咲くころには収まるのが一般的であるが
今年は、桜の花が咲くころになっても、まだまだ
インフルエンザの患者が多く発生しているのが実態である。

マスクをしている人を多く見るが、今年は、花粉症に加えて
インフルエンザ予防のためにマスクを着用しているひとも
多いと思われる。

そもそもこの今年の流行が長引いている原因は、
インフルエンザの型に原因がある。
今年は、3年前に流行した、新型インフルエンザといわれる
新しい型のインフルエンザが流行しているのである。
この型は、人間の身体の中に免疫を持っている人が
非常に少ないために、流行が収まらないのである。

新型インフルエンザにかかってしまえば、抗体ができるので
再発はしにくくなるが、まだまだ、注意が必要な模様である。

例年の1月頃と同じように注意を怠らないようにしよう。
[PR]
# by studiorime | 2014-04-01 21:32 | 健康雑学