日常生活や、健康、美容、ダイエットに関する情報を紹介


by studiorime

まだまだ流行。今年のインフルエンザ

今年は、インフルエンザの流行が、例年よりも長く続いて
そのピークを過ぎても流行が収まらないという特徴がある。

例年だと、1月末から2月初めにかけてピークが来て
桜の花の咲くころには収まるのが一般的であるが
今年は、桜の花が咲くころになっても、まだまだ
インフルエンザの患者が多く発生しているのが実態である。

マスクをしている人を多く見るが、今年は、花粉症に加えて
インフルエンザ予防のためにマスクを着用しているひとも
多いと思われる。

そもそもこの今年の流行が長引いている原因は、
インフルエンザの型に原因がある。
今年は、3年前に流行した、新型インフルエンザといわれる
新しい型のインフルエンザが流行しているのである。
この型は、人間の身体の中に免疫を持っている人が
非常に少ないために、流行が収まらないのである。

新型インフルエンザにかかってしまえば、抗体ができるので
再発はしにくくなるが、まだまだ、注意が必要な模様である。

例年の1月頃と同じように注意を怠らないようにしよう。
[PR]
by studiorime | 2014-04-01 21:32 | 健康雑学